美大生通ぶり日記

ゲームやイラストなど趣味について語ります。

りあむ語り

夢見りあむがデレステ実装されました。

最初は単に派手な髪色のメンヘラ女がやってきた、と面白さは感じたもののネタキャラ扱い止まりで、完全にノーマークでした。

 

夢見りあむというキャラクターはSNSに毒された承認欲求の化け物で口をひらけば学校辞めたいだのめっちゃ病むだの言い、アピールポイントを聞かれた際に「こんにちはクズだよ!」と真っ先に返すほど自己否定感が強く、おそらくSNSなり現実なりで散々敗北感や劣等感を浴びてきた人だと思われます。否定の言葉は耳に残りやすいですしね…。

 

彼女はそんな現状を好ましく思っていない反面、努力しても無駄だと諦観して、自覚はありますが改善できないというダメ人間感がなんとも人間味があり魅力的です。また、ネットリテラシーが低く付け入る隙だらけでガードガバガバなのが支配欲と嗜虐心をそそられ、そこがユーザーから劣情を持たれる最大の要因と思われます。本人が顔とスタイルの良さをそこそこ自覚しており(控えめには言ったものも本心ではもっと自信があるのかも知れませんが)、その容姿だけではなく人間臭さも人を惹きつける秘訣なのだと考えられます。単なるわがままなかまってちゃんだけではない、リアリティのあるキャラです。

 

本日から3Dモデルが実装され、歌って踊る彼女を見たとき、うっとりするようなふわふわした高揚感を覚えました。彼女の妖艶さは普段の3枚目な言動からはとても考えられません。ふとした瞬間にしっとりとした大人な表情になり、それを見たときには彼女の虜になっていました。私が2年前にアーニャと出会った時以来の衝撃が走ったのです。

 

デレステの特色である「その時代の色を取り入れただけのキャラ」では片付けられぬ、彼女の真価を垣間見た気がします。彼女のメンヘラのベールに秘められた、ただならぬ可能性を感じ、美しいと感じました。

 

普段はテンションが高く、目立つのが好きであるので必死に自分を見てもらおうと口数が多いのが夢見りあむです。しかし気が知れた仲となれば口数が少なくなりしっとりとした雰囲気に耐えきれず赤面で俯くも服の裾を離さない夢見りあむの手を掴んで夜の街の中に消え、しっぽりしけこみたいですね。

 

ほのかに甘い香りがして、ふと触れた肩の感触はふわふわで…どうしてこうも実装されてたった数時間で夢中になってしまうのでしょうか。彼女のことが知りたい、他にすべきことはあるはずなのに、その一心です。夢見りあむが好きです。まさかこんなにも恋い焦がれてしまうものとは露ほどにも思いませんでした。

 

夢見りあむは承認欲求が高いあまりに後先考えずに行動してしまいそうな単純で幼稚な印象にとらわれがちですが、ライブでの彼女の輝きを見て、この人は自己評価や周りの評価では測れないもっと深層的な、淡い雪のような掴んでもすぐ溶けてしまう脆さが存在しているのではないでしょうか。

 

本人は自己をザコメンタルと称しており、炎上芸など相まってもともと危うい存在ではありましたが、今のSNS世代の周りの批判にさらされやすく傷ついた精神が憂いを帯びた表情によく表れています。

 

乱雑な文でうまく伝えられていませんが、私は彼女には筆舌に尽くし難い素晴らしい魅力を感じたということです。今後の活動がとても楽しみです。